オックスフォード教育研究室
Oxford Education Laboratory Co.Ltd. 
Kannabe Fukuyama Hiroshima

 Stick to the Future ――
 人間を鍛え、学力を磨く

オックスフォード教育研究室

東進衛星予備校
神辺校・松永駅前校・東福山駅前校

21世紀教育法
泣Iックスフォード教育研究室
720-2104
広島県福山市神辺町道上1049-1
独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する

||| 私どもの活動理念 |||

 オックスフォード教育研究室は、「人間を鍛え、学力を磨く」を理念に、1979年の創業以来学習塾・予備校を始め、任意団体の教育集団、NPO活動などの教育事業を手がけてまいりました。

■ 人間が持つ『永久循環』
 私どもは、理論家ではなく実践家です。方法論を模索し、実践してこそ存在価値があります。数限りない模索と失敗の中で気づいたこと、それは人間だけが持っている永久循環です。

 人間は、生涯を通じて絶え間なく機能する行動サイクルを持っています。『情報収集⇒自己認知⇒情報の取捨選択⇒意思決定⇒行動⇒結果の検証⇒情報収集』というサイクルです。

 買い物をするときも、旅に出るときも、友だちを選ぶときも、自己の将来を考えるときも、何かにチャレンジするときも・・・。どんな場合にも行動するときには当たり前のように、この永久循環を繰り返しているのです。永久循環の質の良し悪しが、個々人の能力の差なのです。


■ 「自己認知力強化」支援
 この永久循環の中でもっとも重要なものが、客観的な自己認知(メタ認知)です。なぜなら、これがなければ情報の取捨選択は不可能で、まして意思決定や行動などできるはずもないからです。人間のすべての行動の前提として自己認知ありなのです。自分を知る、自分の状況を認識することで全てが始まります。

 その意味において、高校入試、大学入試はなくてはならない道具なのです。


■ 「自己強制力強化」支援
 さらに、自己認知後の行動を支援すること。つまり、学習です。大人・子どもを問わず、学習には自己強制力が不可欠ですが、もっとも困難を伴うことのひとつです。多くの脱落者の原因が、この自己強制力の弱さにあります。

 方法論としてどのようにしたら自己強制力をかけられるのかを伝えています。


■ 「試行錯誤」支援
 また、「試行錯誤」という言葉があります。これは、ある一つの事柄に対して、前述の永久循環を幾度となく繰り返してみるという行為なのです。この質やスピードの差が、能力の差として表出することになるのです。

 試行錯誤とは何かを考させ、試行錯誤に必要なものは何かを伝えています。


■ 人間力・学力とは・・・
 私どもは、上記の自己認知力と自己強制力と試行錯誤する力こそ未来に通じる人間力・学力の源であるという認識に立っています。それらがあってこそ「ものの考え方」をあるべき方向に向けることができるようになり、永久循環のレベル向上が実現されます。

 人間力・学力とは豊かで質の良い永久循環を実現する力のことなのです。

■ なぜ勉強するのか・・・
 この命題に答えられますか?

 『永久循環』のレベルを上げるために勉強するのです。人間として生きる限りその勉強は続きます。勉強の材料や対象が成長とともに変わっていくに過ぎないのです。


■ 人間を鍛え、学力を磨く
 『永久循環』レベル向上の前提となるのは、豊かな人間性とともに、豊かで良質な知識であるという事実を認識しなければなりません。知識は創造の源思考の道具試行錯誤の材料なのです。

 オックスフォード教育研究室は、理念追求のための道具として『東進衛星予備校』のシステムを選択しました。
 学ぶ者が、豊かで良質な知識を身につける課程を通じて『永久循環』のレベル向上を加速させ、未来を支える人間として成長してくれることが、私どもの願いです。




--- 以上無断転載禁止 ---
 東進衛星予備校:現役合格へのナビゲーション

自立した一人前の人間になる
既存のスタイルにとらわれない21世紀教育法


 オックスフォード教育研究室では、高校生諸君のみなさんに、これまでの人生の中で経験したことのない最大級のハードルである「大学受験」を通して「自立」に大きく近づいて欲しいと願い、その実現のために株式会社ナガセとのネットワークに加盟し、東進衛星予備校神辺校・松永駅前校・東福山駅前校を運営しています。

 21世紀「知の時代」。ITやBT(バイオテクノロジー)といった科学技術の驚異的な進歩は、これまでの価値観すら変えてしまう勢いで進化を続けています。人間の知の未来は人類に果てしない夢を抱かせてくれる一方、便利で裕福な社会が個人の「自立」を妨げる要因となると同時に、「知の時代」をリードする人とそうでない人の知的格差による生活水準の格差が大きく広がっていることも疑いようのない事実です。

 このような時代において、自立した一人前の人間として生きていく力として必要な「判断力」や「創造力」は、「知識」の組み合わせから生まれる「知」の集大成です。私たちは、「知識」や「学力」が「一人前の人間として生きる力」の基盤を作っているのだという事実をしっかりと認識しなければなりません。だからこそ東進ネットワークは「本当に学力を伸ばす予備校」であることに、徹底的にだわっています。

 また、従来の予備校では、「生徒を教室に集めて授業を行う」ことが目的化されていることに対し、東進ネットワークは「本当に学力を伸ばす」ために、既存のスタイルにとらわれず、常に理想の予備校を突き詰めてきました。その結果が、21世紀教育法として今完成されようとしています。

 私たちの願いは、あくまで、高校生のみなさんに、自分の人生を自分で切り拓くことのできる自立した一人前の人間に育ってもらうこと。さらには、将来、社会に貢献する人財となってもらえればこれに勝る喜びはありません。

>> 東進衛星予備校はこちらから

>>株式会社ナガセ 会社案内はこちらから

 
 
 

リンク


        Facebook PageTwitter東進衛星予備校大学入試情報東進ブックス| プライバシーポリシーは弊社各サイトでご確認下さい
        Copyright (C) Oxford Education Laboratory Co.Ltd.
        充実の成績表を見てみよう